左利きのナイフとフォーク事情

2016年10月18日
はたさん はたさん
飲食
この記事は 6 分くらいで読めると思います
左利きのナイフとフォーク事情
左利きのナイフとフォーク事情

SERIESシリーズ記事テーブルマナーの勘違い

今回のお題

左利きの人がフォークとナイフを逆に持つのはマナー違反?

とある日のこと

とびぃ

とびぃ

はたさん!聞いてくださいよ!

はたさん

はたさん

唐突にどうしました?

とびぃ

とびぃ

どうもこうも、むこりんのテーブルマナーがなってないんッスよ。

むこりん

むこりん

そんなこといわれても、わたしわかんないし!

ていうかテーブルマナーがどうとか、人間としてのマナーがなってない人に言われたくない!

とびぃ

とびぃ

ちょっ!?いくらなんでもヒドくね!?

はたさん

はたさん

まぁまぁ、二人とも落ち着いて。

あと、とびぃさんは人間としてのマナーはしっかりしている人ですよ。女性関係のマナーはちょっとよろしくない人ですけど。

とびぃ

とびぃ

フォローされたかと思ったらさりげにdisられてる・・・

はたさん

はたさん

それで、どんなことがあったんですか?

とびぃ

とびぃ

こないだ、お疲れ会っつって、みんなでオシャレな店に食べに行ったんですよ。え~とフレンチ的な感じな?

そしたら、むこりんがナイフとフォークを左右逆に持って食べてたんですよ!

ほら、むこりんって左利きじゃないですか?

でも、いくら左利きでも、ナイフは右、フォークは左って決まってるのにおかしくないですか!?

はたさん

はたさん

ふむふむ。なるほど。うぅむ・・・わたしは誘われてないですけど・・・まぁ、それはそれとして・・・

それに対してむこりんさんの言い分はどうなんですか?

むこりん

むこりん

(うわぁ、誘われなかったからって盛大にスネてる・・・。その日、自分はなんとかって高そうなお店に行くって言ってたくせに)

ん~っと、左利きだと左手でナイフを使ったほうがお肉とか切りやすいんですよね。

フォークだけなら左手で持ちますけど、ナイフとセットになるとナイフの使いやすさ優先で逆になるのかなぁ。

はたさん

はたさん

ふむふむ。なんとなくわかるような。

とびぃ

とびぃ

ていうかフォークだけなら左手で持ってるんだから、ナイフとセットだからって、わざわざ逆に持ちかえる必要ないんじゃねえの?

はたさん

はたさん

いやいや、とびぃさん、わざわざ持ちかえる必要がないというのはちょっとおかしいですね。

実際、右利きの人でもフォークだけの場合には右手で持って、ナイフとセットになると左で持ちませんか?

とびぃ

とびぃ

あ、たしかに!

質問タイム

はたさん

はたさん

とりあえず質問いいですか?

まずひとつ、むこりんさんの左側に誰か座っていましたか?

むこりん

むこりん

いいえ。

だってわたし普段からご飯食べにいったら絶対に一番左にすわるようにしてるもん。

左側に誰かいたら腕がぶつかっちゃうし。

少数派の左利きとしては、そういうところで迷惑かけて左利きのイメージ悪くしたくないし。

はたさん

はたさん

ほぅほぅ。それ、左利きあるあるらしいですね。

ではもう一つ、とびぃさんたちが食事をしたのは、料理が提供されるたびに新しいカトラリー類をスタッフの方が持ってきて、ナイフとフォークをお皿をはさんで左右に置いてくれるようなお店だったのですか?

とびぃ

とびぃ

いや、そこまで高級じゃないっていうか、もっと全然カジュアルな店でしたよ。

箸置きみたいなのにナイフとフォークが置いてあって。

notes
箸置きみたいなの

「ナイフレスト」または「カトラリーレスト」と呼ばれる。

料理ごとにカトラリー類を替える店では使われない。フランスなどではカジュアルなお店でもあまり使われない。

一組のナイフとフォークで全ての料理を食べる店では、ナイフとフォークをナイフレストに戻せば食べ終わった合図になる。

逆に持っても問題無い?

はたさん

はたさん

なるほど。それでしたら、むこりんさんの行動にわたしは問題を感じないですね。

とびぃ

とびぃ

え!?でもマナーで決まっているのにいいんですか!?

はたさん

はたさん

とびぃさん、よく勘違いしている人がいますが、マナーはあくまでマナーであって、ルールではありませんよ。

まして、他人に強要するものではありません。

とびぃ

とびぃ

え?え?

だってマナーでそう決まってるんだからルールみたいなもんじゃないんですか?

はたさん

はたさん

そもそもマナーというのは、同席している人や同じ空間を共有している人たちへの気遣いのことです。

むこりん

むこりん

あ!だからわたしの左側に誰もいなかったか聞いたんですね?

もし誰かいたなら、その人への気遣いが無いってことになるから。

はたさん

はたさん

はい。そのとおりです。

むこりんさんが先ほど言ったとおり、少数派である以上はそれなりの気遣いはどうしても必要になってくると思います。

むこりん

むこりん

じゃぁ、ナイフとフォークを置いてくれるお店がどうこうっていうのはなんなんですか?

(そんなお店行ったことないけど)

とびぃ

とびぃ

そりゃ、あれだろ。そんな高級な店では逆に持つなんて許されないってことだろ?

(そんな店行ったことないけど)

むこりん

むこりん

え!?やっぱりそうなんですか!?

(そんな怖いお店行けない)

はたさん

はたさん

あぁ、そういうわけでは無いのですが・・・。

左右にナイフとフォークをセッティングしてくれるお店ですと、右にナイフ左にフォークと置かれているものをわざわざ持ち替えなければいけないですよね?

むこりん

むこりん

あ!たしかに!

(そんなお店行ったこともないから考えたこともなかった)

はたさん

はたさん

そうなると、お店によってはスタッフが気を利かせて次の料理からは左右逆にセッティングしてくれたりしますが、それは左利きであることによって、スタッフに気遣いを一つ多くしてもらっているということです。

それはそれで素敵なサービスなのですが、むこりんさんとしてはどうですか?

むこりん

むこりん

う~ん。うれしいし素敵なお店だな~って思うけど、気を遣わせちゃってるな~ってのも感じちゃうかな~。

(行ったこともないから想像だけど)

はたさん

はたさん

でしょう?

その気持ちが大切なんです。

そこらへんのマナーの本に書いてあることや、一般的なマナーの固定概念よりも、スタッフの方も含めてその空間にいる人たちが楽しく過ごすために気遣いあうのが本当のマナーだと思いますよ。

とびぃ

とびぃ

(やべぇ・・・これは俺が悪者になる流れだ・・・)

はたさん

はたさん

ですから、むこりんさんも「左利きだから仕方がないでしょ!」

と開き直らず、いつかそういうお店に行く日が来たときのために、ナイフを右、フォークを左で使えるように練習しておくといいかもしれませんね。

むこりん

むこりん

はーい。頑張ってみます!

(ていうか、そういうお店に行ったことないって、ふつうにバレてたか・・・)

はたさん

はたさん

それに、コースの料理で使うカトラリー類が最初から全部並べられるお店や、先ほどの話のように気を利かせてもらえなかったとき、毎回左右を持ち替えなければいけないので、わりと不便でしょうし、あまりスマートとは言えませんしね。

むこりん

むこりん

たしかに・・・想像したらなんか見た目もよくないですもんね。

マナーはルールじゃありません

はたさん

はたさん

で、とびぃさん。

もちろん、ある程度は既成のマナーも大切です。

でも、マナーマナーとうるさく他人に強制していると、マナーの根本である気遣いを忘れてしまいますよ。

まして、左利きというだけで「育ちが悪い」などと言われていた時代ではないのですから。

とびぃ

とびぃ

わかりました。(ぐぅのねもでねぇ・・・)

とびぃ

とびぃ

あ!そういえば!

はたさん

はたさん

どうしました?

とびぃ

とびぃ

むこりんが、ほかにもマナーだって言われてるのと違うことしてたけど、それはどうなのかなと。

むこりん

むこりん

えっ!?なによ!わたしちゃんとお行儀よくしてたのに!

はたさん

はたさん

ふむふむ。

気にはなりますが、あまり長くなると記事を読んでいる人が疲れてしまうので、また次回にまわしましょう。

とびぃ

とびぃ

(そういうのアリなんだ・・・)

むこりん

むこりん

(そういうメタ的な発言OKな方向なんだ・・・)

今回のまとめ

  • フォークとナイフを逆に持つことが必ずしもマナー違反とは言い難い。
  • ただし、状況・店・料理・サービスの違いによっては、あまり好ましくない場合もあるので注意が必要。

記事の内容は実話をもとにしたフィクションです。
実在の人物や団体などとは関係ありません。

左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために
ローレン ミルソム

売り上げランキング: 80,478

SERIESシリーズ記事テーブルマナーの勘違い